むすびえについて

むすびえの
ひとたち

むすびえにはさまざまな分野で活躍している人たちが関わっています。

  • 理事長

    湯浅 誠

    社会活動家。東京大学先端科学技術研究センター特任教授。
    全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。
    1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。法政大学教授(2014〜2019年)を経て現職。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。 著書に、『子どもが増えた!人口増・税収増の自治体経営』(泉房穂・明石市長との共著、光文社新書、2019年)『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書、2017年)、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版、2012年)、『反貧困』(岩波新書、2008年、第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)、『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著、NHK出版、2010年)など多数。 ヤフーニュース個人に連載中の「1ミリでも進める子どもの貧困対策」で「オーサーアワード2016」受賞、法政大学の教育実践で「学生が選ぶベストティーチャー」を2年連続で受賞。「こども食堂安心・安全プロジェクト」でCampfireAward2018受賞。他に日本弁護士連合会市民会議委員、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」レギュラーコメンテーターなど。

  • 理事

    釜池 雄高

    1977年生まれ。カタログ雑誌『通販生活』読み物編集部に所属し、同誌を発行する株式会社カタログハウスの社会貢献活動の一環として、こども食堂を広げる活動に携わる。2015年4月に発足したこども食堂運営者の連絡会「こども食堂ネットワーク」の事務局を兼任する。

  • 広報・ファンドレイジング統括責任者、プロジェクトリーダー

    三島 理恵

    大学卒業後、国際協力機構に勤務。2009年、設立スタッフとして日本ファンドレイジング協会に入職し、事業の立ち上げ、広報全般を担うコミュニケーション・ディレクターとして従事。また、企業、NPO、行政、国際機関などと協働で行っている寄付キャンペーン「寄付月間-Giving December-」の立ち上げにも尽力。現在は、企業やNPOのコンサルタントとして、動物殺処分ゼロ、こども食堂、途上国の女性支援、スポーツ選手による社会貢献活動などの事業に携わっている。広島県尾道市在住。

  • 総務・会計・経理担当

    宍戸 華鼓

    大学卒業後、コンサルティング会社や保険会社にて財務会計関連の業務改善、M&Aのアドバイザリー業務等に従事。 むすびえ には2021年2月から参画。縁の下の力持ち的存在になるべく日々奮闘中。
    好きな言葉は「自然体」

  • プロジェクトリーダー

    工藤 昌之

    IT関連のプロジェクトを担当。
    大学卒業後、証券系シンクタンクを経てコンサルティングファームへ。
    むすびえには2020年9月よりプロボノとして参画。自身の強みであるITコンサルティングの知見を活かしこどものITリテラシの格差を無くすべく邁進中。
    都内にあるこども食堂も運営中。

  • プロジェクトリーダー

    山角 直史

    大学卒業後、社会福祉協議会にてボランティアセンターや子育て支援などを担当。地域福祉やボランティアについて研究するため、2020年4月より東京都立大学大学院修士課程に進学。また小学生を対象とした無料学習支援塾を開催する「おひさま」でも活動中。むすびえには2019年11月頃から参画し、“ちょっと気になる子“に関する調査研究を中心に活動中。

  • プロジェクトリーダー

    佐甲 かほ子

    地域コミュニティ、居場所づくり、まちづくりに興味を持ち、大学で学びながら活動中。

  • プロジェクトリーダー、防災士

    森谷 哲

    地元で「葛飾会議」という地域活動を開始、防災やこども食堂の活動に繋がり、2019年よりむすびえに参画。こども達にプログラミングの普及を行う一般社団法人PCN理事、テクノロジー教育と表現教育を実践する一般社団法人ココロエデュケーションラボ代表理事も務める。生まれた環境や経済的な環境に左右されず、こどもたちが主体的になれる未来を目指し、人と人の繋がり作り、地域との繋がり作りから社会を変える活動を行っている。

  • プロジェクトリーダー

    渋谷 雅人

    大学卒業後、住友商事に勤務。50歳で早期退職後、企業・NPOの経営戦略ダイアログパートナーとして活動。2020年10月から、むすびえに参画。「人が人を助け、出会うすべての人が自分に正直に生きる社会を生きること」が志です。得意分野は、コーチング、ファシリテーション、チームビルディング。共感力と俯瞰力を大切にしています。
    好きな言葉は「When you want something, all the universe conspires in helping you to achieve it.」

  • グラフィックデザイナー、プロジェクトリーダー

    和田 直也

    1980年、東京都八王子市出身。デザイン事務所「合同会社ノマ」代表。 こども食堂をはじめとした社会的支援の取り組みに関心を持ち、「デザイン」という考え方がもたらす気づきを支援の現場に浸透させるために日々活動している。むすびえのデザイン関連全般を担当。
    好きな言葉は「慮る」

トップへ戻る